CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< パワーハウス | main | ロストテクノロハウス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
今月の逃避
倉庫の納税日となったのでGTを入れたものの、家を建てる気がまったく起きない。相も変わらず土台のまま。顔がぬれて力が出ない。小切手しか持てないくらい手足が衰えてしまった。
よって療養に出ることにした。

療養といえば避暑地。避暑といえばヨーロッパ。
ということでEuropa・Drachenfels周遊の旅にしよう。
浮足立ってヘイブンのゲートを飛び出したところ、頭蓋骨一行がお出迎え。

なかなか幸先の良いスタートにいっそう沈む心。

気を取り直して、リゾートときたらやはり青い海、白い砂浜だろう。
まずは海辺の町マジンシアへ。

本場の厩舎

入り口のつなぎ柱で実際に預けられるようになっている。
干し草と飲み水の位置が馬房ごとに違ってるのがいい。

本場のレストラン

さらりとステージが備わってるところが外国っぽい。
マジンシアにはこの赤い花+石造りの家が何軒もあった。一帯に大地主がいるんだろうか。

次は気候穏やかな禅都へ。

本場の暖炉

身近なものだからか、さすが暖炉の造りがうまい家が多い。

本場の玄関

エントランスの中央に寄せ植え。広い敷地になじんでいるとこういう発想ができるのかなあ。寄せ植えそのものも、華美すぎない抑えた美しさがたいへんすてき。

その後テレポーターでうろうろとたらい回しを楽しんでたら、なんかものすごい城にたどり着いた。

このスケール。まさに本場の地獄。
中央にはもちろんギロチンも完備。
生活に疲れた諸兄、次の週末はぜひこの城で人生リセットしてみませんか?

| 拝見 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:37 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://netigae.jugem.jp/trackback/50
トラックバック