CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
山のあなた

やっとのことで家財を箱づめした。
追憶のわが家。


初めてちゃんとカスタマイズした家。
初の名に負けず継いだり接いだり感満載だが、頭の中ではひとつの山の中でふらふら暮らしてるイメージだった。


手前は旅の根城。ここで地図眺めて計画立てたり、戦利品を仕分けしたりする作業小屋みたいな感じ。
裏手は山が続く。この滝はテレポタイルを入れていたので、お好みの時間帯で身投げができた。



川挟んで隣は別の峰。山肌に住まいを建てて、寝室は岩をうがった地下室みたいにしたかった。

とにかくすき間をつぶすという感じで、暇があれば物を撒いていた。

つまりゴミ屋敷の法則です。崩した後の物量に怖気づいてここ数年放置してたが、何とか取り壊すことができた。

これでようやく新しい家を建てる気になるだろう。
宿なしになれば、いくらものぐさでも事が進むはず。

そう思い続けて、早1年が経ちました。

| 内装 | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
倉庫ご一行
ぐだぐだしてるうち倉庫用のGTがカウントダウン。
倉庫だし、もう土台のままでもいいや。資源の無駄遣いはやめよう。森を守ろうとか思いつつあったが、すてきハウス群を拝見してるうち、こんなことではいかん。せめて雨露をしのぐ屋根だけでも……と建設を始めた。
その結果、本当に屋根だけの家になった。

外観

住居というより休憩所というか、草原や砂漠の隊商が立ち寄る村の集会所みたいなつもり。

屋内

庭の真ん中に広げてるのは隊商が運んできた荷物。
屋内左側は、その中から村が買い取った物々を積んでる感じ。
倉庫と言いつつ内装しながらばんばん物捨てまくってたら、箱ゾーンがこれくらいで足りてしまった。もしかして倉庫自体いらないんじゃ……。

中央は隊商のみなさんもてなし所。
右側は、村の人たちがむだ話しながら買った食材をはやばやと加工中。皮むいたりあく抜いたり塩漬けたり。

まあこれでいちおう建物は建ったわけだし、GTも浮かばれるだろう。めでたしめでたし。とノルマ達成気分でいたが、どうもこの場所、リーパーや水エレの遊び場な模様。
荷物取りに行くたびフレイムストライクの乱れ打ち。屋根しかないから視線通り放題でハイドもできない。

手を抜いて建てた家にはすべからく災いが訪れる。
図らずも3匹の子ぶたが真理の書と証明される一軒となった。

| 内装 | 03:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
木こり養成所
そのうちそのうちと逃げまわってきたが、観念して大工上げることにします。
よって木こりハウスを作った。



ログパーツで作れば木パワーで自然に木こりっぽくなるよね!と思ったんだが、はたしてどうだろう…。
2階は屋根裏のつもり。散歩中に見たすてきハウスが、上階をむかしの農家の藁とか乾かしておく貯蔵庫っぽくしていてかっこよかったのでまねした。が、なんかへりに置いた物がほとんど見えぬ。再度見に行ったら、どうも柱の間隔と屋根の高さが違っていた模様。でもアドオンとか浮かせてしまったのでもうこれでいいことにする。


1階
作業所と住居を別にするのが大好きだ。休みの日は一瞬たりとも仕事のこととか思い出さない。のこぎりとアルミホイルの区別もつかない。


屋根裏
貯蔵庫。農作物+使ってない古い道具をつめ込み所。

そんなわけで木こり宅もいちおう完成をみてしまったので、いよいよもって大工上げなければ…。やるよ。やるやる。やるってば。
| 内装 | 05:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
終の棲家
先日、心のままに発破をかけた我が鉱山。
いつまでも土台のままにしておくのもなんなので整地した。


すこし早いけど花見。

なんかもう家とかこれでいい気がしてきた。
やはり路傍こそが真の住処だったのだ!
〜完〜
| 内装 | 18:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
宝が出るはずの山
水辺とあらばもれなく引き込みたいシリーズ。
鉱山です。



ここの家主キャラが、
 ・あらゆるやる気なし
 ・生産スキルなし
 ・狩りのときも召喚まかせで小銭ばかり拾っている
と、だめ全開なので、ちゃんとした家にはとても住みそうにない。
仮に寝室ダイニング完備の暖かいおうちを建てても、2日と待たずごみ屋敷になる予感。
幸い三食ベッド付きの下宿屋に住まわせてもらっているので、この土地は住居でなく、放浪資金を稼ぐため宝石を掘りにくる鉱山にした。


1階
左手前は採掘道具の倉庫で、右側はキャンプ。今日のごはんはシチューです。昨日も明日もあさっても。


2階
堀り場。採掘は苦手だが宝石が出るなら話は別。山がなくなるまで掘る。


3階
右側は山小屋。帰るの面倒になったときしか使わないので、置いてるのは簡易ベッドくらい。
1階の小屋もだけど、適当に切り出してきた木や、海から流れてきた廃材を組んで作ってるので屋根とか壁はめちゃくちゃです。

心のままに作ると荒れ地か廃墟になるというのが再確認できた今回の物件。
あと前々から思っていたが、自分の家だと造りうんぬんは置いといてもまったくくつろげない。
ごろごろするならやっぱり人の家だな。居候最高!
| 内装 | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
飲酒と園芸の家

蒸留釜と屋内花壇用の部屋がほしくて作った家。
あちこち半端ゾーンがあるけど、おいおい作っていくということでひとつ…。



1階は玄関入って、居間 兼 作ったお酒ふるまい所。
会話がかぶらない広いテーブルがほしかった。お茶やお菓子はお客さまがみえたときに出すので普段は花のみで。
西側は手前から、樽作り所、貯蔵庫、醸造所。



2階は客人用寝室と、廊下のつきあたりにトイレ。廊下の棚は、1階暖炉にかけたタペストリーが2階へ突き抜けてしまったので、その目隠し。

西側は園芸実験室と温室。実験室で交配とかポーション調合して温室で育てる。でも実際は花壇に種まいたら全自動らくらくコース。コンビニ弁当詰め替えて手作り弁当方式。



3階
この家は資材調達キャラと生産キャラの2人が管理しているので、それぞれの部屋を設けた。

東側奥は資材調達キャラ用の事務部屋。資材の仕入れ管理したりお酒の減り具合を書いたり。書架の中身は伝票とか。
手前は生産キャラの私室。生産キャラは働き者のわりに私室持たせたのはじめてなのできっとうれしかろう。ベランダには望遠鏡と脱出用ロープ。外には700人の敵。
西側は奥から脱衣所、お風呂、ボイラー室。

作りたい部屋はあったけど、家そのものは何の考えもなかったので、ただのガワっぽくなっておる。いろいろカスタマイズできるようになったら、こういう造りにしたいとかどんどん浮かんでくるのかしら。とりあえずしばらくはこの家で酩酊しよう。

| 内装 | 22:07 | comments(3) | trackbacks(0) |
錬成小屋
錬成上げ用の小屋(爆破済み)。



外観撮り損ねたっぽい…が、屋上はめいっぱいにソウルフォージが鎮座していた。寡聞にして削り技など知らず、とうふまっしぐら。

1階はおもてなし所としてバー風に。しかしお客さまは延べ3名だった。倒産バー。
おやつクエで上げられるところまで錬成上げようと思ったので、ひたすら無の心で抽出できるようドアなし。
あと自宅が陰鬱なので、こっちはちょっとフレンドリーな雰囲気にしたいな!と思い、なるべく明るめの建材を使ってみた。その甲斐あってよくdire wolfが来ていました。




2階はあこがれのバストイレ付き。
しかし実際はあまり2階に上がらず、ほぼ連日1階のカウンターで寝てた。

この家は禅都に建っていた。復帰してはじめて禅都に行ったとき、まあなんてお花だらけの街とあこがれの場所だった。思ったとおり明るい土地で、この小屋もそこそこ使っていたんだけど、どうしても蒸留釜用の部屋がほしくなり取り壊しとなった。

それにしても小さい家を作るのは楽しい。今後もむしゃくしゃするたび小さい家を作ったり壊したりしていきたい。
| 内装 | 01:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
YewのSH
むかしの家の画像があった。





2000年か2001年ごろ?
家の前につるとか置いてあるから撮影はもっと後かもしれないが、コミュニケーションクリスタル使って空中ロックした覚えがあるので作ったのはそれくらいだと思う。

あと左下の棚を吊るすとき、足場消しのミスでセラミックマグ腐らせて泣きながら買い直したのをいま思い出しました。10年の時を経てよみがえるレアの無念。

家はトラメル解禁時に建てたもの。Yewの道沿いから一歩入ったところで、ちょうどSH一軒分ぽっかり空いてる場所だった。
今見るとすごい地味だが、森の作業小屋っぽくてとても気に入っていた。
いまの小さい家好きは、たぶんここに住んでいたせいだと思う。
| 内装 | 23:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |