CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
コンテナの禍

 

みなさまにおかれましては、新しいバルクオーダーを楽しんでおられますでしょうか。
わたしもほぼ全キャラにスキルを割り振り、いつか来る大口を夢見ながら、小口の提出に励んでおりました。

ところで先日、スペルブック20の依頼があり、これはスクロールだけで書けるかららくらく!と鼻歌まじりに製本しコンテナ内登録をしたところ、指定数ちょうどを書いたはずなのに、書写用バッグにずいぶん余りがあるではありませんか。
あら、これはどうしたことかしらとよくよく思い出して見るに

── PD上のバックパックを指定しておりました。

つまりそれは、第1階層に入れていた特攻本、魔ダメ本、マナ回復本のすべてを、このペラペラの紙切れ1枚に吸い込んだということ。
しばらくは頭が追いつかず、目が覚めたら戻ってるんじゃないかな?とログイン、ログアウトを繰り返したりしましたが、もちろん戻るはずも。

 


もうたいへんな悲しみです。何もできることはありません。強いて言うならば、これを広く世間に知らしめ、このような災禍を二度と繰り返さないよう祈るのみです。

よって、この惨劇が起きた11月27日を「いい(11)鮒(27)の日」とし、
  2000年 トラメル誕生
  2003年 マラス発見
  2016年 いい鮒の日
と年表の端に書き足し、平和の礎とさせていただければと思います。
ご清聴ありがとうございました。

| 暮らし | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
がりがり亡者

金目のものがほしい!!!!!

 

ある朝めざめると、完全に物欲の権化となっていた。
とにかくうなるほど貨幣がほしい。毎日プラチナ風呂に入りたいし、塔の上からゴールド撒いて、砂糖にむらがる蟻のようだとか言ってみたい。


そして運動ぎらいの信条としては、なるべく動かずうまいこと金品だけをせしめたい。なのでここはひとつ金庫破りでいこうと思う。
金銭欲うなぎ登りのため、今まで逃げてきた鍵上げもばりばり行う。そしてなんとか95を超え、うわさのサター上げへ。

ところがこれがもう


どうにも


全然だめ。


たぶんやり方が間違ってるんだろうけど、不調がすぐ解ける。ターゲット切ってすぐサターに忍び寄っても、またたく間にスキルが戻ってしまう。抑えきれない自分の才能がにくい。

仕方なしにしつこくサター周りをうろついてると、あえなくたこ殴り。


なんかサターに平手打ちくらうと、変質者に変態呼ばわりされるような妙な腹立たしさがありますね。

なので鍵上げはここで終了です。あとは実践で上げることにする。




道のりは長い。

| 暮らし | 22:17 | comments(4) | trackbacks(0) |
山のあなた

やっとのことで家財を箱づめした。
追憶のわが家。


初めてちゃんとカスタマイズした家。
初の名に負けず継いだり接いだり感満載だが、頭の中ではひとつの山の中でふらふら暮らしてるイメージだった。


手前は旅の根城。ここで地図眺めて計画立てたり、戦利品を仕分けしたりする作業小屋みたいな感じ。
裏手は山が続く。この滝はテレポタイルを入れていたので、お好みの時間帯で身投げができた。



川挟んで隣は別の峰。山肌に住まいを建てて、寝室は岩をうがった地下室みたいにしたかった。

とにかくすき間をつぶすという感じで、暇があれば物を撒いていた。

つまりゴミ屋敷の法則です。崩した後の物量に怖気づいてここ数年放置してたが、何とか取り壊すことができた。

これでようやく新しい家を建てる気になるだろう。
宿なしになれば、いくらものぐさでも事が進むはず。

そう思い続けて、早1年が経ちました。

| 内装 | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
さらばはしご
半年前、自室の机の並びを変えようと、何の気なしに手前に掛けていたはしごを斧で叩き割った。
そしてペラ紙と化したはしごは、二度とその姿を表すことはなかったのだった。
とうの昔にはしごの仕様が変わっていたなんて……。


在りし日のはしご

自室は地下室っぽくなっていたので、はしごがなければ単なる落とし穴でしかない。
そうなるともはや敷地内のすべてが、物置も庭もドアノブも何もかもが欠陥住宅見本市に見えてきた。
もうビー玉転がり放題。基礎の八割に発泡スチロール混入ですよ!



なので心機一転、新天地へ引っ越すことにした。
けれどいざ引っ越すとなると、なかなかこれはという場所がない。
そして探す時間が長くなればなるほど、底なしに欲は深くなっていく。

初めはトラメルでそんなに治安が悪くないところ、くらいだったのが、温帯で住宅街でなくて、できたら年中雨ではなく、でも近くに水場があったりしたら最高ですね!と、不動産屋に言ったら釘バットフルスイング並みの土地を探し回っていた。そんな立地に空き地などない。

だがわたしは知っている。
引越しとなると、敷地のロックダウンすべてを外し、箱に詰め、またそれらを箱から出さねばならないことを。
そしてその作業量がちらついて、土地探しと言いつつ単に空き地いちゃもん付け大会になっていることも。


そんな気づきを迎えているうち、ブリタニアに雪の季節がやってきた。



雪積もってると測量に差し障りが出るなあ。足場も悪いし、うっかり滑って大事な家財をぶちまけたりしたら大変!

とやむを得ない事情ができたので、空き地クレーマーも休止して、すべては雪どけを待つことにします。

それまで屋内の行き来は、かつてのはしご穴を通して投身方式ということでひとつ。
折れてない骨がまだあるうちに、引越し先を見つける所存です。どうぞよろしくお願いいたします。
| 暮らし | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
ふれあい動物帽
かねてより熊マスク、鹿マスクはかわいらしく思いながらも、でも剥製なんでしょう…? 頭の上に生首を載せるってことでしょう…?と自分がかぶるのは躊躇していた。

だが復帰して今は好きな色に染められること、裁縫で作れること、そしてなんと言っても材料は布オンリーということを知り、なんだぬいぐるみだったのか! それならまったく話は別だとばかりにかぶりまくっている。



メインキャラは冬の防寒に



生産キャラにはドレスと合わせて女装祭り



シャード旅行では装備のかき集め感ねじ伏せの一助にも


かように万能なくまパワー。さすが個人的ブリタニア3大愛くるしい生き物の一角を占めるだけある(あとの2つはねこと白りすです)。

こうしてくまとの親交を深める一方、いまだ鹿マスクはかぶれずにいる。
あのそびえ立つツノと自らの粗忽さを省みるに、鴨居に頭を引っ掛け仰向けに転倒、着帽のままベッドにスライディングしてふとん蜂の巣、間合いを考えずおじぎをし、一瞬前まで談笑していた相手ののどを突き破る等、悲しい未来が浮かんでは消える。

| 着替え | 00:37 | comments(3) | trackbacks(0) |
倉庫ご一行
ぐだぐだしてるうち倉庫用のGTがカウントダウン。
倉庫だし、もう土台のままでもいいや。資源の無駄遣いはやめよう。森を守ろうとか思いつつあったが、すてきハウス群を拝見してるうち、こんなことではいかん。せめて雨露をしのぐ屋根だけでも……と建設を始めた。
その結果、本当に屋根だけの家になった。

外観

住居というより休憩所というか、草原や砂漠の隊商が立ち寄る村の集会所みたいなつもり。

屋内

庭の真ん中に広げてるのは隊商が運んできた荷物。
屋内左側は、その中から村が買い取った物々を積んでる感じ。
倉庫と言いつつ内装しながらばんばん物捨てまくってたら、箱ゾーンがこれくらいで足りてしまった。もしかして倉庫自体いらないんじゃ……。

中央は隊商のみなさんもてなし所。
右側は、村の人たちがむだ話しながら買った食材をはやばやと加工中。皮むいたりあく抜いたり塩漬けたり。

まあこれでいちおう建物は建ったわけだし、GTも浮かばれるだろう。めでたしめでたし。とノルマ達成気分でいたが、どうもこの場所、リーパーや水エレの遊び場な模様。
荷物取りに行くたびフレイムストライクの乱れ打ち。屋根しかないから視線通り放題でハイドもできない。

手を抜いて建てた家にはすべからく災いが訪れる。
図らずも3匹の子ぶたが真理の書と証明される一軒となった。

| 内装 | 03:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
ロストテクノロハウス
腐り祭りの余波でルーンブックがすかすかだ。

空き地になったルーンは名前を「***」に変えてブックに入れ直してるのだが、******************だらけで、もはや墨塗り教科書と化している。
すてきハウスブックのみならず買いものブックも戦後の様相を呈しており、生活もままならないので、新規開拓のためブリタニアをぐるぐるぐるぐるバターになる勢いで回っている。

そんなバターUOの中たどり着いたふしぎ物件。

オーパーツ屋敷

これキューブの中に入れるのかな。
プライベートだったのでどういう構造かわからなかったんだけど、もしかしてだまし絵でこうなってるとか……?
常々思うがカスタマイズは数学。この家の方はルービックキューブ5秒で解ける気がする。

| 拝見 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
今月の逃避
倉庫の納税日となったのでGTを入れたものの、家を建てる気がまったく起きない。相も変わらず土台のまま。顔がぬれて力が出ない。小切手しか持てないくらい手足が衰えてしまった。
よって療養に出ることにした。

療養といえば避暑地。避暑といえばヨーロッパ。
ということでEuropa・Drachenfels周遊の旅にしよう。
浮足立ってヘイブンのゲートを飛び出したところ、頭蓋骨一行がお出迎え。

なかなか幸先の良いスタートにいっそう沈む心。

気を取り直して、リゾートときたらやはり青い海、白い砂浜だろう。
まずは海辺の町マジンシアへ。

本場の厩舎

入り口のつなぎ柱で実際に預けられるようになっている。
干し草と飲み水の位置が馬房ごとに違ってるのがいい。

本場のレストラン

さらりとステージが備わってるところが外国っぽい。
マジンシアにはこの赤い花+石造りの家が何軒もあった。一帯に大地主がいるんだろうか。

次は気候穏やかな禅都へ。

本場の暖炉

身近なものだからか、さすが暖炉の造りがうまい家が多い。

本場の玄関

エントランスの中央に寄せ植え。広い敷地になじんでいるとこういう発想ができるのかなあ。寄せ植えそのものも、華美すぎない抑えた美しさがたいへんすてき。

その後テレポーターでうろうろとたらい回しを楽しんでたら、なんかものすごい城にたどり着いた。

このスケール。まさに本場の地獄。
中央にはもちろんギロチンも完備。
生活に疲れた諸兄、次の週末はぜひこの城で人生リセットしてみませんか?

| 拝見 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
パワーハウス
気まぐれに大掃除したらセキュア腐らせたり、虎の子の汚染物で猛攻のスペルブック書いたら全部ノーマルだったりと世知辛い昨今、もう心の支えは強化剤しかない。
なんか強化するくらいしか把握してないが、やはり何といってもその見た目。作業場とか園芸部屋に置いたらどんなにすてきだろう。
さっそくTCの無料配布所からひととおり拝借してきた。

とろけ四人衆

今回のビジュアルクイーン。特に小鍋のハードコート剤は実に心躍るルックスだ。あらゆるところをコートしたい。
大鍋のシャインコート剤も負けていない。淡い緑が煮立つさまは、厨房に置けばあふれ出る毒殺感。

錆び群

メッキ類は沈没船から引き上げたような容貌。生まれたときから廃品。
でもこれだけぼろいと廃墟とか波止場にいいかもしれない。さびれた漁村も作り放題。

糸巻き

転がして運ぶくらいの大きさなので、ちょっと大物を手掛ける職人の仕事場によさそうだ。クレーンとかある工房ならさらによし。
通行可だから狭い部屋の家具材にも大活躍の予感。

小物のみなさん

どこに置いてもなじむ面々。合金のぼんやりした色が魅力的。
右端のシャインワックスはペンキ缶とブラシかな。単色じゃなければすばらしささらに倍だったろう。

板金

グラフィックが出たとき皆が思ったとおり、どの向きから見てもかびたケーキ。
食べものとして使うのはごめんこうむるが、家のパーツには結構合いそうな気がする。柱の土台とか。


しかしTCは取り放題だからいいものの、現実はなかなか入手のハードルが高い。
地図、釣り、戦闘、窃盗等で取れるらしいので、過去のスキル伸び率から考えてあと5年くらいしたら手に入るだろうか。5年後のわが家に期待。

| 暮らし | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
逃亡の果て
〜前回までのあらすじ〜
地下帝国の強制労働から逃げ出した主人公。
しかし背後に迫る追手の足音。
しのびよる魔の手から逃れるため、顔を変え種族を変え、遠い異国へと旅立つのだった……!

というわけでシャベルへし折ってAsukaに帰省中。
昔のわたしは今より多少根気があったようで、Asukaでは掘りも鍛冶も上げる必要なし!
やー天国とずっと散歩しています。散歩のみしています。昔の知人は全員天然痘で星になったので、もう、本当に散歩ばかり……

ですので散歩中に侵入したお宅を勝手にご紹介します。


この豪華な造り。
華やかで品があって、騎士団の食堂みたい。


ガーゴイルのダブルベッドがぴったりすぎるお部屋。
身分の高い人の寝所って感じだ。


園芸マスターのお宅。玄関横の寄せ植えと生垣がかわいいなあ。
手をかけてるのに自然に見えるし、そしてそういうふうに植物を育てているように見える、まさにマスターオブマスター。植物オブザイヤーですよ。


実にひさしぶりにAsukaの街にくり出したんだけど、ブリテインに人が戻ってきてるみたいでうれしかった。
あと、お堀沿いに並んで立ってたクリーンアップ係員。

仕事中に同僚と雑談してるみたいでほほえましい。

| 拝見 | 02:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/6PAGES | >>